読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨が多い街だね-アパレル販売員からの転職者が書くブログ-

元アパレル販売員で今は転職してアパレル業界の中の人をやっている著者がファッションと関係することや関係しないことを書くブログです。

意外と多い【隠れオタク】のアパレル販売員を守る会

当サイトの人気記事

ネット上のファッションの情報は…とにかく薄い

f:id:amemaa:20170220031253j:plain

 

本題に入るまでの前置きになりますが。。

このブログはいわゆる雑記ブログってやつです。雑記って言うのはジャンルを決めずに自分の好きなことを色々書いてくタイプのブログのことなんですが、最初はファッションに特化したブログを始めようと思って始めたんですよね。そう思ったのは、ファッションとウェブってまだまだ親和性が低いからなのか、ファッションの情報が書かれたブログの数が本当に少ないため。

アメブロでレディースのプチプラファッション系のコーデブログがそれなりにあるかなってぐらいで、メンズに至っては有益な情報は壊滅的で、普通のお金の無い大学生やん、みたいな格好が幅を利かせていたりします。また、紙媒体の雑誌はウェブに弱いので、ホームページには力を入れていないところがほとんど。だから、結局まともにファッションの情報を仕入れようと思ったら雑誌からになっちゃうんですよね、未だに。

 

ファッションブログで書きたいと思ったこと

 

f:id:amemaa:20170220031102j:plain

http://www.womaninsight.jp/archives/84406

 

詳しく書き出すと長くなるから省略しますが、ファッションの基本ってまずは定番を知ることかなと思っていて。定番を知ろうと思ったら、自然と洋服のルーツや文化的背景みたいなところも知っていくことになりますし、それを知ることで自分のファッション観に芯のようなものが生まれて、それをベースに自分なりの着こなしとか着崩しみたいなところが出てくるんだと思っています……やっぱこれだけで何千文字もいきそうなので、この件は後日にまた機会があったら書きましょう。

まあ、そんなこんなでBeginの定番アイテム特集号みたいな情報がネットから発信できたらいいかなーと思ってたんです。なのですが、そうもいきませんでして、気づいたら好きなアニメの感想を書くブログになってました(笑)。すいません、私オタクなんです。その後も、 たまにファッションのことを書いたり音楽のことを書いたりして、好きなことをパラパラと書いていたら、見事な雑記ブログになっちゃって今に至ります。

最近は、アパレルの販売員の気持ちが書かれたブログって無いよねと気付いて、販売員時代のことを思い出話も兼ねて集中的に書いてます。ネット上の自称アパレル販売員が書いてるサイトって8割はアクセス稼ぎのための経歴詐称なので、全く実感がこもってない薄っぺらい情報ばっかりで、それを見ると元販売員としてムカついたって言うのもありまして(笑)。私は割と後ろ向きな理由でアパレルの販売員から転職しちゃったんですけど、今も最前線で戦ってる人たちへのリスペクトは常に持っていて、そんな人たちを応援したい気持ちもあったりします。

と言う長い与太話を経て、ここからが今日の本題です。

 

続きを読む

アパレル販売員のセール中の忙しさは異常

当サイトの人気記事

アパレル販売員が最強に忙しい日=初売り

ショッピングモール

 

私は現在の会社に転職するまでの間、10年ほどアパレルの販売員をしていました。以前、転職に至った経緯は記事にしましたが、2社で働いた中で共通しているのは、セール中の忙しさ。あまりの忙しさに、セール時期が来ると少しブルーな気持ちになる販売員の人も多いはずです。

そして、その忙しさの最高峰がお正月の初売りです。ほとんどのショップにおいて一年で最も売上が高くなるのがこの日です。アパレル業界と言うのは1月・7月が最大の繁忙期で最も売上が高く、翌月の2月・8月が最大の閑散期で売上も低いのですが、私のいたブランドだと1月の最初の2週間だけで年間の1/4に近いぐらいの売上を獲得していました。最近はセール開始時期が早まったり、逆にそこへのカウンターとして百貨店が遅めに設定したりと言う動きはありますが、上記の内容はどこでも大きくは変わらないはずです。(小規模なブランドや、一部のメゾンブランドなどでシーズン立ち上げ時に売り切ってしまうようなブランドは除きます)

 

初売りの朝は行列を横目に出勤

 

f:id:amemaa:20170219042053j:plain

 

特に大型ショッピングモールに入ってるショップの場合は、初売りの忙しさが半端ないです。朝イチにいつも通り従業員入口から入館しようと思うと、すでに建物の周りには長蛇の列が。もちろん、沢山の人がお店に来てくれることは嬉しいのですが、たかだか10人や20人のスタッフで、何千・何万と言うお客様の相手をすると言うのは、大軍に立ち向かうような気分になります。

初売りの行列

 

ちなみに余談ですが、福袋って売れ残りの寄せ集めなので全くお得でもなんでもありません。また、初売りに行くと安いように感じがちですが、12月のプレセールの時期にすでにセール価格になっているので、初売りの時にわざわざ行列の中で買い物をする必要もありません。ほとんどのブランドは大晦日と初売りで値段は1円も変わらないので、比較的空いている12月の間にショップに行くか、通販で購入することをお薦めします。

 

セール中のアパレル販売員は休憩時間も短くなりがち

f:id:amemaa:20170219044500j:plain

 

普段はお昼の休憩(いわゆる1番休憩)は1時間ですが、セール中は一気に沢山の人数を休憩に出せないため、30分や40分ずつで回さないといけなくなるのもセール中の販売員あるあるです。まあさすがに、新人時代に店長から「20分でいい?」って笑いながら言われたときはぶん殴ってやろうかと思いましたが 笑 ただ、その分セールが終わったあとの閑散期に休憩時間を1時間半にするなどでバランスを取ってもらえていたので、私はまだ恵まれていたかもしれませんね。

 

個人売りから解放されてチームの一体感を感じると言う一面も

f:id:amemaa:20170219044753j:plain

 

普段、多くのお店では、アパレルの販売員は月ごとの個人売り(月ごとの各自の売上目標)が設定されます。なので、チームで働きながらも結局は個人プレーになりがち(個人売りの話に関しては過去に記事にしていますので興味のある方はどうぞ)。でも、セール中は個人売りは設定されないお店が多いはずです。なんでかというと、単純に忙しすぎて個人売りの管理ができないから 笑

サッカーやバスケで言うと、普段はマンツーマンのディフェンス。セール中はゾーンディフェンス。と言う感じで、セール中は店の中の持ち場を守って、すぐに乱れていく服を畳みまくらないといけません。また、レジにはミスの少ない中堅社員などが専任のレジ担当としてポジショニングされます。普段だと、接客したお客様はレジ打ち~お見送りまでを自分でこなします。その際、レジに自分の社員番号を入力することで各自の個人売りがPOSで管理される仕組みになっているのですが、セール中はそれが物理的に無理なのですね。

普段は個人売りのためのお客様の奪い合い的な一面もありますが、この期間は全く関係なし。なので、クソほど忙しいけど、意外と従業員同士はチームプレーに徹するので一体感を感じられる時期だったりもします。ただ、「最後尾」と書かれた立て看板を持って行列を誘導する役割を一日やった時は、一体感はあまり感じられませんでしたが 笑

ともあれ、本当に忙しい一日を乗り越えたあとには達成感が感じられるもので、お店が一つになれる数少ないチャンスだったのかなーと思いますね。

もし現役販売員の人でこの記事を見ている人がいたら、閑散期のうちにしっかり休んでくださいね。長期休暇をもらえる人も多いかと思いますので、今のうちに羽根を伸ばしてく旅行にでも行きましょう。旅行に安くいけるのは、平日休みの特権ですから。

 

 

アパレル販売員にとって辛い個人売り(個人売上)は不平等な評価基準だと思う件

当サイトの人気記事

アパレル販売員の人事評価に付きものの個人売り

f:id:amemaa:20170218215036j:plain

アパレルの販売員は体力的にも精神的にもツライ職業です。 以前、私が販売員から転職した時の話を記事にしましたが、アパレル販売員は体力的にも精神的にもハードで給料も低いため、モチベーションを保ち続けるのが難しい職業だよなーと思います。せめてキツさか給与面のどちらかがマシだったらいいのですが現実は厳しく、私は自分の将来ことを考えると続けていくのが難しいと、言う判断で転職しました。

そんなツライ販売員の仕事の中でも、ハードだと思うのが個人売りに関して。よくノルマとかって言われるやつですね。これはアパレル以外の販売員や、営業の仕事をしている人でも似たようなことはあるんじゃないかと思います。 確かに一人一人の成績を評価する上では数字の結果というのはとても大事なものではありますが、私が販売員をしていた時に感じたのは、個人売りの成績は決して公平な評価ではないということです。

 

続きを読む

アパレルから転職した理由と30代未経験職種でも年収アップした方法

 

30代になってからアパレルから転職しました!

私は、アパレルブランド2社で販売員として合計約10年弱勤務したあとに30代から異業種に転職をしました。

 

アパレルの世界でずっと生きてきた人間なので、30代の男性が他の職に就けるのかが不安だし、そもそも転職活動の仕方もよく分からないって言うところからのスタートでした。

でも、結果的には給与面でも体力的にも恵まれた環境の職場に転職ができました。

 

今回は私と同じように、転職したいけどアパレル企業でしか働いたことがないって言う人の参考になればと思って記事を書きました。主に

 

・アパレル販売員時代の振り返り

・アパレルから転職したいと思った経緯

・転職活動でやってよかったこと

・転職したら環境がどう変わるのか?

 

と言ったことを書いています。

 同じような境遇の人が一歩を踏み出す参考になればと思います。

 

※追記※

この記事をアップして以来、沢山の方から「共感しました」とか「転職する決意ができました」などのメールをいただきました。本当にありがとうございますm(__)m

プライバシーを曝しまくって自叙伝を書いた甲斐がありました 笑

 

 

新人時代:アパレルあるある。ストック担当は新人の仕事 

f:id:amemaa:20170412034312j:plain

 

私は新卒で全国展開のセレクトショップを中心に就活をしました。結果、競争率高めの某セレクトショップを有する企業に入社。アパレルのキャリアをスタートしました。

入店間もない頃はストック担当として、お店の狭いストックの中で1日を過ごすこともしばしば。その頃は、山のように入荷される新商品をいかに早くさばいて店頭に出る時間を増やすのか?ストックを利用する他のスタッフが 商品の出し入れをしやすくするにはどうしたらいいのか?という事に頭を砕きました。「これ以上商品を入れるスペースはないよ!」と、何度思ったことか分かりません笑

 

続きを読む

アパレル販売員の「よろしければ」が私を狂わせる

「よろしければご試着していただけますので」

 

私たちはこの言葉に、今までどれだけ苦しめられて来たでしょうか。服の値段を見ようと思ってタグを探せば「よろしければご試着していただけますので」素材を確認しようと洗濯表示を見れば「よろしければご試着していただけますので」なんとなく店をふらふら歩いているだけでも「よろしければご試着していただけますので」

 

この心無い言葉に私たちは傷つき、時に涙し、苦渋を舐め続けて来ました。呪術的パワーすら帯びた「よろしければご試着していただけますので」は悪魔<デーモン>の言葉です。


ここ日本において、デーモンと言えばデーモン小暮閣下である、とするのは決して強引な論だと私は思いませんが「よろしければご試着していただけますので」は、閣下の格言たる「お前を蝋人形にしてやろうか」とも比肩しうるほどの威力を秘めた言葉です。

洋服屋が日本に伝来したのは明治時代。せいぜい100余年の歴史しか持たぬ洋服屋が発する言葉が、10万年を越える遥か悠久の時を生きる閣下によって、幾千もの言霊の中から紡ぎ出された「お前を蝋人形にしてやろうか」と肩を並べる時、私は畏れにも似た感情を禁じ得ないのです。

 

続きを読む

砕け散るところを見せてあげる/感想/解説/考察~生きること死ぬことを描いた竹宮ゆゆこ意欲作~(記事後半にネタバレあり)

 

f:id:amemaa:20160824042614j:plain

『とらドラ!』などで有名な竹宮ゆゆこの新著『砕け散るところを見せてあげる』を読了しました。2016年に出版された小説の中では、話題の一冊と言える作品なので、今更と言う感じも無くもないですが。。

とは言え、発売から2カ月ほど経った今でも、大抵の本屋では平積みでプッシュされていて、まだまだ鮮度を保ちつつ売れ行きも好調であろうことが伺えます。

 

前作『知らない映画のサントラを聴く 』からライト文芸に、連載中の『あしたはひとりにしてくれ』から一般文芸に進出し、意欲的な活動を続けている竹宮ゆゆこですが、この記事では、作品のテーマ的な部分や、代表作『とらドラ!』、オマージュを捧げているであろう『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』との関連性などに触れつつ、『砕け散るところを見せてあげる』の感想や解説を書いていきます。 

 

続きを読む

ブラック企業に関して実感をもって書けるのは、ブラック企業で働いた者のみ

ブラック企業記事が人気

 

f:id:amemaa:20160529033707j:plain

ブラック企業での過酷な労働に対する記事が、ここ数日ホッテントリ入りしています。そんなトレンドを見ていると、やっぱり世間的に興味や関心を持っている人が多く、かつ、実際にブラックな環境で働いている人が多いのだなと思う訳です。

 

www.recomtank.com

この記事は、かなりのブラックな環境のお話で、読んでいるだけで胃が痛くなるような内容。

 

kopelani.hatenablog.jp

 

この記事は、部分部分はいいことを言っているんですが、

ブラック企業がどんな事を従業員に求めてるのかは知りませんが、経営者もそんなに無茶ブリしてるわけではないのだと思うのです。

これは良くない。いや、んなわけあるかいと。そもそも知らんのに言うなやと。この記事の作者さんもそうなのですが、やっぱり実際にブラック企業で働いたことがある人でないと分からないことや、想像のつかないことがいっぱいあるんですね。

f:id:amemaa:20160529033029j:plain

 経営者はそんなに無茶ブリはしてない。ウソこけ。

 

ちなみにこんな本も最近話題です。

 

私の場合

 

f:id:amemaa:20160529033905j:plain

私は前職がブラックでした。

 

と言っても、今の職場も終電までサビ残で働くことはザラなのですが、出社はやや遅めですし、土日の出勤はほぼありません。もし休日出勤をしても代休の取得が可能ですので、今は恵まれている方ではないでしょうか。

 

前職の場合は、5年ほど勤めていたのですが、最後の1年間が超絶ブラックな環境でした。ラスト1年のタイミングで昇進をして、それからの直属の上司が振ってくる仕事量がとんでもなくて。そこからは職場に泊まり込んで始発まで仮眠なしで働くことが1年の内の七割程度でした。終電に乗れたらラッキーみたいな 笑

帰宅して2,3時間の睡眠時間を取ってまた出社、と言う生活が続いて、さすがに体がヤバいと思って退職しましたが。

 

ただ、この頃の体験談は当時も今も、極力、人には話さないようにしています。と言うのも、一つは不幸自慢みたいになるのが格好悪いと言う気持ちがあること。もう一つは、過去に何人かに相談した際に、素朴にぶつけられる疑問や質問に答えるのが億劫だったため。

 

例えば

「なんでそんなに働かないといけないの?」

「周りの人は誰も助けてくれなかったの?」

「なんで上司の上の人に報告しなかったの?」

「仕事のやり方が悪いからそんなに残業しないといけないんじゃないの?」

 

など。

これは、ブラック企業で働いたことが無い人にとっては、至極真っ当な疑問で、私も実際に自分が体験していなかったら同じように思っていたことかもしれません。

 

今回は、これらの疑問に対する回答をここに記します。当時の私と同じような状況の人が世の中にいたとして、なんとなくでも共感してもらいつつ、少しでもそんな人の心が救われたらなと思いつつ。

 

ブラック企業勤務者へのよくある質問と私の場合の答え

f:id:amemaa:20160529034227p:plain

 

Q.「なんでそんなに働かないといけないの?」

 

単純に人手が足りないからです。仮に、どれだけ卓越したスキルがある人がやったとしても最低で15時間の工数が必要な仕事があったとします。それを2人でやれば7時間半で終わりますが、1人でやらないといけないので、その分を泊まり込み残業で埋めることになります。本当に単純な話なんです。

これをやらないと、翌日に上司から叱責される+次の日以降にその仕事が持ち越されます。ちなみに、家に持ち帰れる類の職種ではありませんでしたので、確実に職場で完遂させる必要があります。

 

 

Q.「周りの人は誰も助けてくれなかったの?」

 何回か助けを求めたことはありましたが、どれだけ優しく、慈悲深い人であっても、終電を逃してまで他人を手伝おうとする人はいません。

また、担当が割とハッキリと分けられている職場だったので、私も含めて自分の担当外のことには興味を持ちづらかったと言う面もあります。なので、私が朝まで残って仕事をしていることをそもそも知らない人も多かったです。

 

Q.「なんで上司の上の人に報告しなかったの?」

 解決しないからです。

下の質問とも少し関連しますが、問題を報告しても、最終的には「お前の仕事の生産性が低い」「スケジュール管理ができていない」と言う話になってしまいます。これはもう、十中八九そうなります。

こうなると何がまずいって、こちらと相手の論点が完全にずれてしまっているんですよね。こっちが話しているのは、どれだけ卓越したスキルがある人がやったとしても最低で15時間の(略

なのに、相手は「君はなんで5時間で終わる仕事に15時間掛けているんだ」と本気で思っている状態なのです。何が問題かって、上司が自分の振った仕事の作業量を全く把握していないのですね。そもそもの必要な工数の認識が全く違う。

 

じゃあ、それだけの時間が必要な作業なのだと説明して分かってもらえばいいじゃないかと言う声が聞こえてきそうですが、実際に論理的にその説明をしても「そんなわけが無い」(根拠のない否定)、「俺がやってた頃はそれぐらいでできた」(過去の美化。もしくはハッタリ)、「じゃあどうするの?」(論点のすり替え)。「最初から終わらないと思っているから終わらない」(精神論)などで潰されるのがオチです。それでもこちらが納得しなければ、最終的には役職を降ろされるか、査定時の評価に響くでしょう。

 

Q.「仕事のやり方が悪いからそんなに残業しないといけないんじゃないの?」

これは上記質問と同じ。

どれだけ卓越したスキルがある人がやったとしても最低で15時間の(略

 

よく「残業するやつは要領が悪いやつだ」「残業してるやつに限ってダラダラ仕事をしている」みたいな話ってあるじゃないですか。これって、職場によっては当てはまるところもあるのだと思いますし、実際そう言うタイプの人もいるでしょう。ただ、これと逆の場合も多いかなと思っていて、つまり「なまじスキルがあるからどんどん仕事を与えられてしまって、結果的に残業が増える」パターン。もしくは正直者がバカを見るパターンと言いますか、手を挙げた者負けパターンと言いますか。

 

タチが悪いのは上司には悪気がないところ

 

f:id:amemaa:20160529034408j:plain

このような仕事の振り方をしている上司は、必ずしも意図的に部下を残業させているわけではありません。上述したように、とにかく壊滅的に必要工数の読みがヘタなのです。だから、残業している部下を見ても、なぜそんなに残業しているのかが理解できない。だって、15時間掛かる仕事を5時間で終わるのだと本気で思っているのですから。このタイプは、分かった上で無茶ぶりしている人よりもタチが悪いとも言えて、本人に自覚が無い分、振られるタスクが風船のようにどんどん膨らんでいきます。

 

 

結局は退職するのが一番

 とにかくそんなブラック企業で働いている人は退職しましょう。私も働いている間は退職のタイミングをずっと悩んでいました。転職活動をする時間も無いほど働いていましたし、転職回数が増えるデメリットも頭をよぎりました。同僚に迷惑を掛けると言う思いもありました。

でも結局、自分の心や体の健康には代えられないと思うようになり、そこから退職までは早かったですね。

 

その時の自分の決断は圧倒的に正しかったと今でも思えます。もっと早く決断しておけばよかったと思うぐらいに。と言うことで、とにかくブラック企業からは一刻も早く脱出しましょう。

 

それでは今日はこのあたりで。

BRIEFING(ブリーフィング)"LANCE2" "LANCE3"7年間使用レポ。ビジネスにもカジュアルにも使える最強のオンオフ兼用メンズバッグだ!

f:id:amemaa:20160424231627j:plain

 

意外と難しい大人の男の鞄選び

 

社会人の男性、取り分けスーツやジャケット着用が義務付けられる職場に勤めるサラリーマンにとって頭を悩ますのが鞄選び。恐らく最も使用率が高いのはPORTERあたりのブリーフケース でしょう。

 

 

 

 

勿論、コレもいいでしょう。老若男女が使っている安心の吉田カバン。4月入社の新卒さんも定年間近のオヤジも使うド定番です。

ファッションに敏感な方なら「いや、ポーターはちょっと…」と思う向きもあるでしょうが、丈夫で流行り廃りも関係なく、特別オシャレには見えないけど、とりあえず恥もかかない。そんな可もなく不可もなくを狙うならポーターは決して悪い選択肢ではありません。でも、ブリーフケースがブリーフケースである限り、越えられない壁が存在するのです

続きを読む
当ブログは、アパレル業界から広告業界に転職した管理人が、ファッション、音楽、映画、文学、アニメなどサブカル全般について書いています。
気が向いたときにだけ更新してるうちにまとまりの無い雑記ブログになりました