雨が多い街だね-アパレル販売員からの転職者が書くブログ-

元アパレル販売員で今は転職してアパレル業界の中の人をやっている著者がファッションと関係することや関係しないことを書くブログです。

アパレル転職の新定番!ECサイト(通販サイト・ウェブショップ)運営の仕事は販売員のスキルも活かせるデスクワーク

当サイトの人気記事

アパレルからデスクワークへの転職に憧れる人は多い

f:id:amemaa:20170412034321j:plain

アパレル販売員はとても離職率の高いお仕事です。

30歳前後を境に徐々に体力的に厳しくなる人が多く、ハードな立ち仕事からデスクワークに転職したいと思うようになるのは、アパレルあるあるの一つです。

一般的に、アパレル販売員から異業種への転職と言うと、販売能力・コミュニケーション能力を活かすと言う意味で、営業系の仕事へ転職するパターンが多いです。成果報酬で給与が上下する会社も多いですが、営業職に転職することで、少なくとも年収300万円前後のアパレル販売員の仕事からは大幅に年収アップすることは間違いありません。

 

ただ、こちらもある程度の体力が必要な職種であることには変わりが無いので、体力面の不安から転職を考えている人にとっては、選択肢としては少し難しいでしょう。

一方、事務系職種に関しては、立ち仕事のような体力的な辛さは大幅に緩和されます。ただ、特に男性の場合は働き口が少ないことと、男女に限らずキャリアアップが見えづらい職種なため、一生の仕事にできるかと言われれば、疑問符が付きます。

では、どんな転職先を選ぶべきなのでしょうか。

 

続きを読む

アパレル辞めたいと思って転職活動をしても結局アパレル人でしかいられない自分に気付く

当サイトの人気記事

もうアパレル辞めたい!って思っていた

f:id:amemaa:20170412032921j:plain

私は元々アパレルの販売員をやっていて、今はアパレル関係の企業をクライアントにする広告代理店に転職して、勤務しています。

転職活動を開始して最初の頃は「もうアパレル辞めたい」「アパレルとは全然違う異業種に転職したい」と思っていました。「趣味を仕事にしたら嫌いになる」なんてよく言われますが、アパレル販売員をやっていた最後の方がまさにこの状態でした。

私はSPAブランドの大型店で副店長兼VMD担当をやっていたので、毎日のように発生する閉店後のレイアウト変更の中で、文字通り洋服にまみれていたような状態で、これがまあツライ 笑

ブランドや店舗にもよりますが、副店長と言っても所詮は店長やさらにその上のSV的な人間の駒であって、マネジメントに専念するだけでなくプレイヤーとしての役割も必要とされます。店頭にいるときはそれなりに接客もして、売上や部下のマネジメント業務をしたと思えば、閉店後にはレジ締めをして、レイアウトを変更してディスプレイを作って。。当時の自分は疲弊してしまっていました。

長年アパレル業界にいて忙しさに追われすぎると、もはやお洒落や洋服を楽しむと言うよりも、店の商品がただの物でしかない状態に感じていました。特に私の場合は元々、そのブランドの服が特別好きと言うわけでは無かったので、余計にそう感じていたのだと思います(アパレル業界にいてファストブランドの服が世界で一番好き、なんて人間がいたら逆に驚きですが)。

ファッションが好きと言う気持ちだけで、給料が安いことなんて分かった上で飛び込んだアパレルの世界ですが、そんな人間が自分の原点の気持ちを無くしてしまうと、そりゃあアパレルを辞めたいと思うし、嫌にもなります。

 

続きを読む

アパレル販売員所有率No.1のメジャーはHoechstmass(ヘキストマス)のイタリアンカラーメジャー!

当サイトの人気記事

f:id:amemaa:20170412032916j:plain

 

先日、アパレル販売員あるあるの記事を作成しました。何人かの方がtwitterなどで反応してくれて嬉しい限りです。で、その記事は販売員をやってた頃のことを思い出しながら書いていたのですが、そう言えば新卒で入社した当時に先輩からこんなこと言われたなって言うのを一つ思い出しました。

「メジャー、メモ帳、ボールペンはアパレル店員の三種の神器だからちゃんとしたものを使えよ」

 

そうそう、これは入社するまで誰も教えてくれなかったよなーなんて思い出しまして。私は最初100均で買った安いメジャー、メモ帳、ボールペンだったのですが、入社して数日でそれを先輩に見つかって怒られましたね(笑) 多分、最初に先輩から怒られたのってそれだったんじゃないかな?

 

と言うことで、恐らく日本中のどのサイトも教えてくれない「アパレル販売員の三種の神器」についてシリーズでご紹介します。

 

続きを読む

アパレルあるあるを挙げてみたけど、アカンこれ経験者しか一切共感できんやつや

当サイトの人気記事

f:id:amemaa:20170412032948j:plain

 

インターネットはウソばかり……そんなことを最近よく感じます。

 

アパレルあるあるなどと言っておいて「服を畳むのが上手くなる」「腰が痛くなる」などの、薄っっっぺらい内容を羅列するサイトを見るにつけ、舐めとんのかと。アパレル経験者が書いてるサイトと、そうじゃない人が書いてるサイトの差は、見れば一瞬で分かるものです。  

と言うことで、アパレル販売員以外は一切共感できないあるあるを思いつくままに挙げてみます。

  

1.接客にまつわるアパレルあるある

f:id:amemaa:20170412032913j:plain

 

  1. お客様が店に入った瞬間、買う人か買わない人かなんとなく分かる
  2. 閑散期のお客様が冷たすぎて「スランプではないか」と本気で悩む
  3. テクニックとか知識関係なしにノリと勢いだけで接客をする販売員が実は一番売る
  4. 「よろしければ」と言ってアプローチする販売員を見ると「雑魚め」と心の中で思う
  5. 思いっきりシンプルな服の接客中に「この服ってデニムに合いますか?」とお客様に質問されて我が耳を疑う
  6. ネイビーの服を「これは黒でしょ」とお客様から言われて、なかなか信じてもらえずにひと悶着起こる
  7. 顧客様の名前を思い出せないまま最後までノリきったことがある

  

続きを読む

アパレル転職で英語を話せる人材の需要が拡大中!私も勉強しておけば良かったと今更思う件

当サイトの人気記事

 

アパレルショップに海外のお客様が殺到中

 

f:id:amemaa:20170412032945j:plain

 

ここ数年、中国を中心とした海外の観光客が日本に殺到しており、いわゆるインバウンド需要は年々高まりを見せている状況です。ひと頃の「爆買いブーム」は少し落ち着いたなんて言われていますが、実際に店頭に立っていると海外のお客様の数は増えている印象を持っているアパレル販売員の方が多いのではないでしょうか?

そもそも、なぜここ数年で一気に海外の観光客の数が増えたのか?本題とは逸れるので、詳しい説明は他にお譲りするとして、まあ簡単に言うと円安・原油安が進んだことで旅行費の面で日本に来るのが簡単になったのですね。

私がアパレル販売員をしていた頃は、ちょうど爆買いブームが始まった頃だったのですが、都市部の某ファストファッションブランドで勤務していて、中国と韓国のお客様が本当に多かったですね。日によっては、一日のお客様の半分ぐらいが、欧米の方含む海外のお客様だと感じられる日もあったほど。 そんな中で私に不足していて困ったスキルが英語・中国語などの語学力でした。

 

続きを読む
当ブログは、アパレル業界から広告業界に転職した管理人が、ファッション、音楽、映画、文学、アニメなどサブカル全般について書いています。
気が向いたときにだけ更新してるうちにまとまりの無い雑記ブログになりました