雨が多い街だね-アパレル販売員からの転職者が書くブログ-

元アパレル販売員で今は転職してアパレル業界の中の人をやっている著者がファッションと関係することや関係しないことを書くブログです。

クリーデンスが最強のアパレル転職エージェントな理由。口コミ評判がいいのも頷ける年収交渉のすごさ

アパレル販売員が転職したい時に力になってくれるのが転職エージェントです。

私の場合は、元々アパレルで10年ほど働いていて、転職をしましたが、実際にそのときに使ったのがクリーデンスを始めとする転職エージェントでした。

※転職エージェントって何?って言う人は、過去に転職エージェントの解説をした記事があるので、そちらをご覧ください。

 

アパレルは離職率が高い業界ですが、転職エージェントの普及率は他業種に比べてまだまだ。転職で悩んでいる販売員の人のために、実際に私が使ったクリーデンスの良さを体験談込みで全力でプッシュします!

 

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

>>アパレル業界の転職ならクリーデンス

クリーデンスはアパレル業界専門の転職エージェント

アパレル販売員が使う転職エージェントには大きく2つあります。

  • アパレル業界内で転職したいときに使うアパレル専門転職エージェント(クリーデンス、iDA、ファッショーネ、エランなど)
  • 異業種に転職したいときに使う総合型転職エージェント(ランスタッド、リクナビエージェント、マイナビエージェント、リクルートエージェントなど)

私は転職活動を行う際に、この2つを両方使っていました。

私はいろいろ考えた末にアパレルから離れて、一般職に転職したので、最終的にはランスタッド経由で転職をしたのですが、アパレル専門転職エージェントの中だと、クリーデンスは確実にダントツで良いサービスだったなと思います。

 

クリーデンスは中の人がアパレル販売員が転職する気持ちをマジで分かってくれる

f:id:amemaa:20170615013657j:plain

まず最初に挙げたいのがコレ。

基本的に、転職エージェントの中の人と言うのはいわゆるリクルーターとかコンサルタントと呼ばれる職業になります。私が利用したランスタッドもしかりですが、総合型転職エージェントの人たちの、転職に関する知識や、企業へのコネクションってやっぱりすごいです。

ただ、総合型の転職エージェントにはネックがあって、アパレルに特化してない分、アパレル販売員って言う特殊な仕事の事情が理解してもらえない場合も多いんです。給料が低い、体力的にキツイ、土日休めないとかって言うのは勿論分かってくれているのですが、日々の接客の中で感じる細かなストレスとかって言うところまではなかなか気が回りません。

 

その点、アパレル専門の転職エージェントは違います。

クリーデンスで私を担当してくれた人は元・販売員で、経験していたブランドも比較的近いブランディングのところだったので、共感力が違いました。一緒にアパレル販売員のあるあるを言い合ったりしたのも楽しかったですし、そうやって分かり合える担当者さんが付いてくれると言うのは、転職へのモチベーションアップになります。

私が希望したのもありますが、同じ男性を担当にしてもらえたのも助かりました。やっぱり男女で転職に対する考えとか目指す方向性が違ってたりする(私の場合は、結婚するから女房を養っていかないといけないんだよーー!と言う心の叫びがすべてです 笑)ので、そこを分かったうえで進めてもらえるのもうれしかったです。

アパレル販売員にとっては結婚は転職のタイミングですよねーなんて、業界にいるから頷き合える会話をしました。

 

クリーデンスは抱えている転職求人数が半端なく多い&ブランドのラインナップがしゅごい

f:id:amemaa:20170615013511j:plain

普通、転職活動をしていると自分で転職サイトにアクセスして転職先を探すわけですが、転職エージェントの場合は、向こうから企業を紹介してくれます。

このときに、どこの企業やブランドを持ってくるのか?というところにエージェントの腕が出るわけですが、クリーデンスの場合は「え、そんなところ紹介できるの?」という転職先のブランドが多数ありました。

何よりも、販売員だけでなくて、みんなが使ってる某大手ECサイトの運営のお仕事とかって言うIT寄りのアパレル企業も多かったのが印象的です。

販売員については、クリーデンスは日本中のアパレルブランドの全部抑えてるじゃないかと言うレベル。まあ私の場合は販売員を続ける道は考えていなかったので、参考程度にしか聞いてなかったですが、自分が独身で「まだ販売員の仕事を続けるならここで働きたい」って言うブランドが多数でした。丁度いいところついてくるんですよねー。

 

しかもそのほとんどが非公開求人

上に書いたように、クリーデンスは求人数が多く、その質も高いのですが、おどろくべきは、そのほとんどが非公開求人であること。聞くところによると、クリーデンスで扱っている求人の80%以上が非公開求人だそうです(!!)。

転職エージェントの仕組み上、非公開求人って企業側は信頼できるエージェントにしか許さないんですよ。なんでかって、応募者の間口を狭めることになるから。

それでもクリーデンスに非公開求人の扱いを許すのは、「ここなら良い人材しか連れてこない」って言う信頼を得ている証拠なわけです。

 

クリーデンスは転職先の対応地域が関東・関西・中部と広い

f:id:amemaa:20170715115827j:plain

例えば、同じアパレル専門転職エージェントだとファッショーネが有名ですが、あちらは関東限定の転職エージェントです。

アパレルの仕事は都市部に偏っているので、関東以外の地域を手厚くサポートできる転職エージェントは少ないのですが、クリーデンスは3地方をカバー。

私の場合は、転職先の場所に、それまで長く働いていた関東と、妻の実家がある関西の両方を視野に入れていたので、これは非常に助かりました。しかも、関東と関西の地域格差もあまり無くって、東京者以外にも優しいエージェントなのでした。

 

 

クリーデンスのエージェントはコミュニケーションがマメでレスポンスも早い。でも、しつこすぎない。

f:id:amemaa:20170615013523j:plain

どことは言いませんが、私が某転職エージェントを使っていたときに最大の不満だったのが、「電話繋がらない・メールのレスポンス遅い」って言うコミュニケーション不全状態だったこと。

私の場合はアパレル店舗に在籍しながら転職活動をしていたので、仕事で忙しい合間の休日を使って連絡が取れないのは本当にキツかったです。返事が1週間後とかざらだったので。

逆に、やたら「どうですか!」「進捗はいかがですか!」とメールや電話をしまくってくる転職エージェントも考えものです。そんなにがっつかなくても逃げないよ、と言いたくなります。

その点、クリーデンスの場合は、連絡の頻度が「ちょうどいい」んです。

こちらから連絡したらレスポンスが早いですし、急な予定変更など、ちょっと無理めなお願いにも応えてくれました。向こうからやたらと催促が来ることもなく、私なりの転職活動のペースに合わせてくれました。

 

給料をガッツリ上げてくれる年収交渉の上手さがクリーデンスは段違い

f:id:amemaa:20170702232749j:plain

これがクリーデンスが最強たるゆえんなのですが、転職先に対して年収交渉をガッツリしてくれます。

アパレルのデスクワークの仕事をアテンドしてもらったときに、元々こちらで想定していた情報を大きく上回る年収まで交渉してくれました。もちろん、それは私が大手の旗艦店で副店長経験があったって言うフックがあっての部分もありますが、よくぞここまで上げてくれたなーと感心したのでした。

先ほど書いたように、私は最終的に異業種に転職をしたので、そのブランドの内定はお断りしてしまったのですが、その際も、その決定を応援してくれたのもよい思い出です。 

 

いい転職をするにはいい転職エージェントからと言うのが私の持論

f:id:amemaa:20170615013749j:plain

と言うことで、アパレル専門の転職エージェントであるクリーデンスのすばらしさを、実際の体験からご説明しました。

私は、今回の転職までは転職エージェントを使ったことがなくて、実際に使ってみると目から鱗、と言うか「なんでこんな便利なサービスを今まで使っていなかったんだ!」と驚愕したのです。

その中でも、私が転職を決めたランスタッドと、クリーデンスはやっぱりすごいなと思いました。それ以来私の中では、転職エージェント選びで、その後の人生も大きく変わるなーと大げさでなく思っていたりします。

今、どうやって転職するか迷っているアパレル販売員の人は、是非利用してみてくださいね!

 

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

>>アパレル業界の転職ならクリーデンス