読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨が多い街だね-アパレル販売員からの転職者が書くブログ-

元アパレル販売員で今は転職してアパレル業界の中の人をやっている著者がファッションと関係することや関係しないことを書くブログです。

アパレル転職の新定番!ECサイト(通販サイト・ウェブショップ)運営の仕事は販売員のスキルも活かせるデスクワーク

当サイトの人気記事

アパレルからデスクワークへの転職に憧れる人は多い

f:id:amemaa:20170412034321j:plain

アパレル販売員はとても離職率の高いお仕事です。

30歳前後を境に徐々に体力的に厳しくなる人が多く、ハードな立ち仕事からデスクワークに転職したいと思うようになるのは、アパレルあるあるの一つです。

一般的に、アパレル販売員から異業種への転職と言うと、販売能力・コミュニケーション能力を活かすと言う意味で、営業系の仕事へ転職するパターンが多いです。成果報酬で給与が上下する会社も多いですが、営業職に転職することで、少なくとも年収300万円前後のアパレル販売員の仕事からは大幅に年収アップすることは間違いありません。

 

ただ、こちらもある程度の体力が必要な職種であることには変わりが無いので、体力面の不安から転職を考えている人にとっては、選択肢としては少し難しいでしょう。

一方、事務系職種に関しては、立ち仕事のような体力的な辛さは大幅に緩和されます。ただ、特に男性の場合は働き口が少ないことと、男女に限らずキャリアアップが見えづらい職種なため、一生の仕事にできるかと言われれば、疑問符が付きます。

では、どんな転職先を選ぶべきなのでしょうか。

 

 

販売+事務職=ECサイト(通販サイト・ウェブショップ)運営がアパレル転職の最適解?

f:id:amemaa:20170412034304j:plain

体力的には少し楽がしたいけど、アパレルで得たスキルを活かしたい。そんな我がまま?を叶えてくれる転職先としておすすめしたいのがECサイト運営のお仕事です。

 

楽天市場だけでも4万店舗!それだけのEC運営会社が存在すると言うこと

楽天などでネット通販を利用する人は多いかと思いますが、楽天の中にはリアルのショッピングモール同様に、様々なお店が出店しています。トータルの店舗数は4万店舗を越えるそうですが、この一つ一つの店舗は株式会社楽天市場が運営しているわけではありませんよね。イオンモールの中に出店している店舗の運営は、あくまでもそれぞれのブランドが行っている、と言うのと同じ理屈です。

楽天だけでこれだけの数の店舗があるわけですが、ことアパレルに関しては楽天には出店せずに自社通販サイトで販売しているブランドも多数あります。普段、販売員として店頭に立っていると意識する機会はありませんが、本社ではEC部門のスタッフが日々サイト運営を行っているんですよね。

アパレル経験者の転職先が豊富

f:id:amemaa:20170308234141j:plain

EC業界は、今がまさに伸び盛りで急速に拡大しています。イコール、人手が欲しい状態なわけですが、IT系人材だけで運営していると「ものを売る・アパレル用品を売る」と言う部分が弱い。と言うのが、私が広告代理店で働いていて運営者から聞かされがちなお話です。服のこと・ファッションのことを理解している人材の確保を急務としている、アパレル系EC運営会社がたくさん存在します。そう考えると、どこかには転職できそうな気がしませんか?て言うか実際できます。今よりも楽で給料がもらえたら、万々歳ですよね。  

転職先は地方にも多数

f:id:amemaa:20170304135742j:plain

リアル店舗と違って、ECサイト(通販サイト・ウェブショップ)は、職場のある場所に売上が左右されることはありません。極端な話、無人島に電気とネットを引いてオフィスを作ったとしても売上を作れるのがネット事業の強みです。リアル店舗ではそうはいきません。

そう言うわけで、地方にも沢山のECサイト(通販サイト・ウェブショップ)運営会社が存在します。むしろ、オフィスの家賃との兼ね合いで、郊外や田舎にオフィスを構える会社が増えて来ています。都市部へ一極集中しがちな販売員の仕事とは違って、転職者が働く場所を選びやすいのが特徴です。

  

今と同じようにアパレルのお洋服をお客様に販売する。と言うベースは保ちつつ、対面接客ではなくパソコンを使ったデスクワークを行える。そんな、ECサイト(通販サイト・ウェブショップ)運営のお仕事を、転職先の候補に加えてみては?

当ブログは、アパレル業界から広告業界に転職した管理人が、ファッション、音楽、映画、文学、アニメなどサブカル全般について書いています。
気が向いたときにだけ更新してるうちにまとまりの無い雑記ブログになりました