雨が多い街だね-アパレル販売員からの転職者が書くブログ-

元アパレル販売員で今は転職してアパレル業界の中の人をやっている著者がファッションと関係することや関係しないことを書くブログです。

アパレルの仕事がきついと言われる3つの理由「金・体力・プレッシャー」

当サイトの人気記事

 

アパレル販売員の仕事は確かにきつい

f:id:amemaa:20170909054825j:plain

私はアパレルで10年ほど働いて、今はデスクワークに就いています。

平社員→店舗付きVMD→副店長という順番にキャリアは変わっていきましたが、基本的には販売員という職種であることに変わりはありません。

働いている中で、何度も「きつい」「大変」と思ったことはありましたが、それでもなんとか10年間の間、一つの仕事を続けられたのは、アパレルの仕事にプライドとやりがいを持っていたからでした。

辞めてしまった人間がいうのもなんですが、一面的に「アパレルってきついでしょ?」って他業種の人に決めつけて言われると、腹がたつ自分がいるのも事実です。いや、確かにきついけど、別にずっとってわけじゃないよってことを説明したいなと思いました。 

アパレルがきついと言われる代表的な理由は金・体力・プレッシャー

一般的に、美容師などと並んで「華やかに見えてきつい仕事の代表」みたいな感じで扱われることが多いアパレルの仕事ですが、そういわれる理由は大きく3つです。

>楽天市場でチェック!

 

アパレルがきつい理由1:年収200万円台もざらにある低賃金の給料

f:id:amemaa:20170412034318j:plain


アパレルの仕事は給料が低く、中小以下のブランドに勤めている販売員の場合は、中堅社員ですら年収200万円台もざら。一般企業の新卒社員や高卒社員と比べても、下手したら負けているレベルです。

ボーナスが出ないブランドの場合は、月給20万円代前半×12ヶ月分がそのまま年収になります。ここから保険を差っ引かれて手取りは20万円以下。

店舗で着用するために社割で買う洋服代は、普段着も兼ねている人も多いため、そこはノーカウントにするとしても、確かに一人暮らしをするには心もとない金額です。

 

すべてのブランドが低賃金ってわけではない

ただ、ブランドによって給料の大小はピンキリなので、一概に「アパレル業界全体が低賃金」とは言い切れません。

大手のセレクトショップや百貨店ブランドに勤めていれば、ヒラでも年収300万円代後半ぐらいは普通にあり得るので、アパレルで働いてる人は「自分の好きなブランド」「給料がいいブランド」のどちらに重きを置くかを考えて、場合によっては転職も視野に入れながら働かないといけません。

当ブログでは過去にアパレルを辞めたい男女別の理由とキャリア別の勝ち組転職方法を経験者が解説 と言う記事を、今アパレルがきついと思っている人向けに書いているので、ご参考に。

 

アパレルがきつい理由2:接客・入荷作業・ストック業務…男女関係なく体力勝負の世界

f:id:amemaa:20170523023909j:plain


当然ながら、アパレルの仕事は毎日立ち仕事です。副店長ぐらいになってくると、シフトの作成や、売上報告のエクセル仕事など、バックヤードでのデスクワークも増えてきますが、それまでは基本的に一日を立ちっぱなしで勤務します。

接客もそうですが、日々の納品に対する検品や袋ムキ、ストックへのしまい込みなどのストック関連の仕事も体力的にはなかなかハードです。

また、シフト制の勤務なため、遅番で終電近くまで働いて、翌朝が早番の、いわゆる遅早のときなんて、この仕事を呪ってしまいそうになりますよね 笑

睡眠のリズムが不規則になると、寝つきも悪くなりがちで、元来より寝つきの悪い私は10年間ずっとこれに悩まされていた気がします。しかも、SPAブランドで働いていたときはVMD変更を深夜シフトで行うので、それも相当きつかった。

世の中を見渡せば当然、立ち仕事はアパレルだけではない

ただ、アパレルに勤めていると、この仕事が世界一きつい仕事みたいに感じますが、立ち仕事はアパレルだけではありません。

コンビニも、飲食店も、本屋さんも、世の中の接客業はほとんどすべてが立ち仕事ですし、外回りの営業マンだって、商談以外の時間の多くは外を歩いている人も珍しくありません(しかも移動中は屋外だし)。

 

アパレルがきつい理由3:個人売り・店舗売上…常に売上へのプレッシャーが掛かる精神的なハードさ

f:id:amemaa:20170909054735j:plain


上にも書いたとおり、給料の低さはブランドによるので一概に言えませんし、体力がきついのはアパレルだけの話ではありません。

ただ、アパレル販売員が受ける売上へのプレッシャーというのは、その他の接客業よりも明らかに負荷が高いです。

これは、アパレル業界全体の古い慣習でもあるのですが、「売れない=気持ちが足りとらん」みたいな精神論に陥りがちなんです。「今日の売上が取れなかったのは、スタッフのアプローチが遅かったからだ」みたいな、すごく主観的な論理がまかり通っているのが、アパレル店舗だったりします。

なので、売上は何よりも販売員の接客によって左右されるという考えが根強いです。月末が近づくたびに、今月の個人売りどうしようと悩む人も多いはず。

ただ、そもそも集客自体が上手くいっていなくて売れていないのだとしたら、それは販売員の頑張りが足りないのでなく、ブランド自体か、所属しているモールなどのデベロッパーの問題です。このあたりが、ごっちゃにされて問題の本質がぶれてしまっているのが、アパレル店舗の課題かなと思います。

 

でもアパレルの仕事が一年中きついってわけでもない

f:id:amemaa:20170615013643j:plain

セール時期などの繁忙期のきつさが際立ちますが、閑散期って結構ラクですよね?

お客様の購買意欲が低すぎて、自信を失うっていうのはありますが、常にお客様の対応に追われまくる忙しさはありません。当然、残業もこの時期は少ないです。

アパレルは一年間の中で、忙しい時期と暇な時期がかなりぱっくり分かれるので、少なくとも暇な時期がある分、飲食業界などよりも恵まれていると言えますね。

 

空いている時期に長期休暇が取れるのもアパレルならでは

f:id:amemaa:20170615013542j:plain


アパレルの仕事は平日休みなので、周囲とは予定が合わせづらい分、人込みに遭遇せずにレジャーや旅行にいけます。

特に、閑散期にもらえる長期休暇はその最たる例です。

世間一般がお盆に高い値段で、大渋滞の中で旅行にいった数か月後に、その半額ぐらいの値段で旅行ができたりします。薄給だとしても、安価にレジャーに出られるのは、この仕事ならではです。

 

結局、仕事の中で何に重きを置くのか?が大事。まずは心の整理を

f:id:amemaa:20170716032621j:plain


今アパレルで働いている人は、何を仕事に求めていますか?

お金、やりがい、時間、仲間など、その答えは人それぞれだと思いますが、そのすべてを満たす仕事というのは、アパレル販売以外の職種であっても、滅多に存在しません。

どんな仕事にも良し悪しがあって、何かを取れば、何かを捨てなければいけないことがほとんどです。となれば、最終的には「自分がどこに重きを置くのか?」を考えて取捨選択をしなければいけません。

私の場合は、紙に今の仕事の良いところ・悪いところを上位5個ずつ書き出して、天秤に掛けてみるっていうのをよくやりますが、そんな感じで、実際に形に表してみることで、冷静に自分の置かれた状況や、これからの身の振り方を客観視できるものです。

今、アパレルの仕事がきついと思っている人は、まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか?

 

それでは、今日はこのあたりで。

当サイトの人気記事