雨が多い街だね-アパレル販売員からの転職者が書くブログ-

元アパレル販売員で今は転職してアパレル業界の中の人をやっている著者がファッションと関係することや関係しないことを書くブログです。

アパレルショップ店員になるには?歴10年の私がよくある質問に答えてみた

当サイトの人気記事

アパレルのショップ店員を長くしているとアパレル志望者から相談を受けることも

f:id:amemaa:20170708014913j:plain


私はアパレル販売員の仕事を10年ほど経験しましたが、友人や知人から「自分もアパレルで働いてみたいんだけど…」と相談を受けることがあります。

そう言った相談をしてくれる人は男女・年齢など様々。学生さんや主婦さんがアパレルでバイトしてみたいという場合もあれば、これまでずっとデスクワークをしていた人がずっと憧れていたアパレルで働いていみたいと一念発起する場合もあります。

でも、皆が疑問に感じるところはかなり共通していて、割と同じ感じの質問をもらうことがあります。

ということで、今回はアパレルショップ店員になりたい人たちから今まで受けた、よくある質問とその答えをまとめてみました。

特にこれから未経験でアパレルのショップ店員・販売員になるにはどうしたらいいのか?と考えながら迷っている人の参考になればと思います。

 

アパレルショップ店員になりたい人のよくある質問と答え

f:id:amemaa:20170909054825j:plain

Q.アパレルのショップ店員って店の服を買わないといけないの?

A.買う必要があります。大抵の場合は社割で半額程度。全身を自店舗の商品で揃えるのか?最新商品を常に着るのか?はブランドや店舗によってまちまちです。

 

100%の確率で聞かれるのがこれ。もう絶対に誰でも聞いてきます。で、買う必要があるよと答えるとガッカリされるというところまでがセット 笑

ですが、この件に関しては少し解説が必要で。

 

見た目に関する商売だからこそ着用が必要

f:id:amemaa:20170909054836j:plain

まず、アパレルっていう商材の特性を理解しないといけません。いわゆる販売員と呼ばれる接客業の仕事は世の中にたくさんありますが、その中でもアパレルが扱う洋服は、お客さんに参考にされやすい商材です。

ショップ店員がお店の服を着用していることで、着こなしの参考になったり、サイズ選びの参考になったり、お客様に対して具体的にイメージしてもらいやすくなるんですね。

アパレルっていう業界は、「人の見た目に関する商材を売る商売」です。そして、ブランディングっていうこれまた特殊な概念をとても大切にする業界ですし、お客さんにもそれが期待されています。

そのうえで、そのブランドの顔として店頭に立っている人間がお店の服を着るのって当たり前かなって思います。まあ、無料で貸与してくれたりすればいいとは思いますし、そういうブランドもありますが、まだまだ少数ですね。これは業界の悪しき慣習かもしれません。

全身を自社商品で固めないといけないのか?最新の商品を常に着ないといけないのか?はブランドによってまちまちなので、一概には言えませんが、社員なら月に2万~5万円ぐらいは使うんじゃないでしょうか?

 

「買わないといけない」と感じるか「安く買えて嬉しい」と感じるかは人それぞれ

私が大手のセレクトショップで働いていたときは、お店に入ってくる商品を買って、それを着て店頭に立つのが楽しみでしょうがなかったです。

自分の好みにピッタリはまって、なおかつ定価だとなかなか買えないような高額のアイテムでも安く買えるからラッキーって思ってましたし、他のスタッフも、誰に買えと言われるでもなく、嬉々として買っていました 笑

なので、もしも知り合いに「店の服で月10万円も使わないといけないよー」とか言ってる人がいたら、それは確実に自分の趣味で買ってるだけです。これはもう100%断言できます。

で、この件からもわかるんですが、働くブランド選びって本当に大切です。

安価なブランドで働いて、お店で着る服も安く済ませるっていう考え方もありますが、それで着終わったあとにゴミになってしまえば、本末転倒です。

社割で買う服を「店で着るための服」ではなく「自分が着たいと思う服」っていう捉え方で選べるのが理想ですね。

なので、自分が本当に好きな商品を扱っているブランドで働くのがベストです。

 

Q.個人売り達成のために服を買わされるって本当?

A.普通ならあり得ないけど、そんな職場や上司がゼロとは言えないのが現実です。

 

私は2社経験しましたが、これはないですね。自分が副店長をやってた時も、部下にこんなことを言ったことはありませんし、周囲にもそんなことをいう同僚はいなかったです。

スタッフが社割で服を買うタイミングのコントロールはあり得る

f:id:amemaa:20170717235717j:plain


例えば、あるスタッフが自発的に買いたいと考えている商品があって、今週中のどこか暇なときに買おうと思っていたとします。

で、たまたまそれが月末~月初で月を跨いでいたとしたら「今月の店の予算が達成ギリギリだから、月末に買ってもらってもいい?」とかって言われる。っていうのはあり得るかな。

スタッフにいらない服を買うように強制するのではなく、本人が買うつもりの服を買うタイミングをコントロールをするというか。

 

 

Q.アパレルのショップ店員って給料が低いの?

A.ブランドによるけど、業界全体で見れば低いです。正社員で年収300万円以下とかゴロゴロあります。外資とか大手だと400万円ぐらいは普通に可能。

 

これも絶対に聞かれますが、まあさすがにある程度は分かったうえで就職を考える人が多いので、それほど驚かれることはありません。さすがに未経験でアパレルに入って最初から年収500万円とか考えてる人は稀でしょう。

むしろ、気になるのは次の質問です。

 

Q.ショップ店員はどんな風にキャリアアップしていくの?一生お店で店員やるの?

A.ヒラ社員→副店長→店長→適正に合わせて本部に異動。ていうのが一般的なルートですが、店長だと家族を養っていける程度の給料はもらえるので、ここで長く続ける人が多いです。

 

ショップ店員っておじさんおばさんになってもずっとお店で接客するのか?というキャリアアップの面に疑問を持つ人も多いです。

まず、副店長、店長になれば接客の仕事よりもチームのマネジメントがメインになってくるので、接客をガンガンやるわけではありません。なので、キャリアアップしていけば、望む望まずに関係なく、徐々に接客からは少しずつ離れていきます。

ブランドによっては、ベテラン販売員を大切にして40代、50代でもずっと接客をするポジションを用意していたり、接客のトレーナー的なポジションが本部にあったりするところもあります。

このあたりのキャリアパスの可能性はブランドによってピンキリです。私の場合は、結構そこが狭いブランドに所属してしまったので結局異業種に転職しましたが、販売員からプレスやバイヤーにキャリアアップできるブランドもたくさんあります。

また、店長になると給与的にも恵まれてきて、ここでようやく年収400万~500万円が現実的になってきます。店長から本社に異動するまでの期間が長くなる場合が多く、最終キャリアを店長で終えることも珍しくありません。

ショップ店員になるときには、面接などでどういったキャリアパスがあるのかは必ず確認しておきましょう。

 

Q.アパレルショップ店員になるにはどんなスキルが必要? 

ショップ店員になるだけであれば、最低限のコミュニケーションスキル、洋服やファッションが好きなこと。の2つで充分です。

 

極論、ショップ店員になるだけであれば、誰でもなれます。

でも、そうではなくて「自分がが働きたいと思っている人気ブランドのショップ店員になりたい」ということであれば、話は別です。

例えば、大手セレクトショップの新卒採用とかだと、競争率は30~50倍程度になってきますし、中途採用の面接でも10倍なんていうのも珍しくありません。

その中で勝ち抜くのであれば、これまでの職務経験から接客に活かせるスキルや、そのブランドのブランディングにあっていること(悲しいかな持って生まれた見た目も関係します)、そのブランドへの愛などなど、何か1つでもほかの志望者よりも秀でていないといけません。

 

人気ブランドでショップ店員になるにはあなた自身の強みを大切に

f:id:amemaa:20170615013532j:plain


ということで、よくある質問と答えを書いてきました。

いろいろ書いてきましたが、結局はその人自身の強みをどれだけアピールできるか?っていう点につきます。たとえ未経験であっても、光るものがあれば受かりますし、私自身もそんな人たちをたくさん見てきました。

自分の強みとアパレルへの熱い気持ちを大切に、就職活動・転職活動に臨みましょう。

当サイトの人気記事