雨が多い街だね-アパレル販売員からの転職者が書くブログ-

元アパレル販売員で今は転職してアパレル業界の中の人をやっている著者がファッションと関係することや関係しないことを書くブログです。

未経験だけどアパレル業界で働きたい!そんな憧れを持つ人に伝えたいこと

アパレル業界未経験で入社してくる中途採用者も多い

f:id:amemaa:20170715115827j:plain

私はアパレルショップで10年ほど働いていましたが、ショップ店員は人の入れ替わりがとても激しい仕事です。

4月になれば新卒組が入社しますが、それ以外の時期でも、中途採用者がショップスタッフに加わることも珍しくありません。

 

 

アパレルの中途採用者のバックボーンは様々

f:id:amemaa:20170615013610j:plain

中途採用のスタッフは、それまでの経験を買われて入社するわけですが、そのバックボーンは様々ですが、当然、最も多いのは他のアパレルブランドで販売員をやっていた経験者です。

アパレル業界の場合は、ある程度同じ系統のファッションブランドの間で人が動くことが多いです。

※例)ビームス→ユナイテッドアローズとか、グッチ→シャネルとか、H&M→ZARAなど。

このパターンの場合は、転職した先で以前のブランドの同僚と再会するなんてことも珍しい話ではなくて、〇〇のスタッフは元△△のスタッフが店舗の大半を占めている、なんていうのも、あるあるの一つだったりします。

 

アパレル未経験で業界に飛び込む人も意外と多い

f:id:amemaa:20170615013643j:plain

ただ、中途採用で転職してくるスタッフが、皆アパレル業界の経験者と言うわけではありません。同じ接客販売業と言うことでコスメの販売員や飲食経験者なども多いですし、接客術を活かすと言う意味で営業職からアパレルなど、未経験者の転職組も多いです。また、稀に事務職などのデスクワークをやっていた人が入社してくることもあります。

 

皆、最初はアパレル・ファッション業界への憧れから

アパレルの経験者・未経験者に限らず、誰もが最初は「ファッションが好き」「アパレルの仕事に憧れる」と言う気持ちから、アパレルで働きたいと思うようになるものです。普段、自分が通っているショップのスタッフの接客が好きで、自分もそんな風に接客してみたい、と思ったり、雑誌で紹介されているショップスタッフが格好良く思えたり、自分の好きな洋服に囲まれて仕事をしたいと思ったり。

逆に、こう言った憧れの気持ちが無ければ、体力的にもハードなアパレルの仕事は務まりません。

 

アパレル未経験からのスタートでも活躍できる人は沢山いる

f:id:amemaa:20170523023903j:plain

未経験者は経験者に比べると、知識やスキルの面でハンデがあるのは間違いありません。ただ、接客と言うのは、ある程度その人のパーソナリティーに左右される部分もあって、それまでアパレルで働いたことが無かった人が、売る販売員に短期間で成長することも十分あり得ます。

結局、入社してから活躍できるか、出世できるかと言うのは、その人の努力や持前ノキャラクター次第なので、未経験だからと言って物おじすることなく、チャレンジしてみるのはアリじゃないでしょうか。

ただ。

憧れで入ったアパレル業界に、実際に転職してみると「こんなはずじゃなかった」となる人が多いのも事実です。

冒頭に述べたように、アパレル業界は入れ替わりが激しい=離職率が高い職業です。主な理由は、給与の安さ、体力的なハードさ、土日が休めないなどになるので、あらかじめ、ある程度の覚悟をして転職をする必要があります。

 

憧れだけではアパレルの仕事をやっていけないのも事実です

f:id:amemaa:20170523112038j:plain

先ほど述べたように、アパレルで働く人は誰もが最初は憧れから入ります。そして、その憧れや好きと言う気持ちは、これからずっと働く中でも絶対に失ってはいけない気持ちです。

ただ、「好きなことを仕事にするべきでない」なんて格言があるように、「好き」「憧れる」と言う気持ちだけではやっていけないのも事実です。

結局は、働く中で仕事内容そのものにやりがいを感じること。そして、目標を持って成長し続けることに喜びを感じられなければ、ハードなアパレルの仕事を何年も続けることは難しいです。

 

ブラックアパレルブランドを見極めることも大切

f:id:amemaa:20170615012959j:plain

先ほど、給与が安い、体力的にハード、土日休めない。と言いましたが、すべてのアパレルブランドがそうなわけではありません。アパレルの仕事でも年収400万円以上を狙うことはできますし、残業が少ないブランドだっていくらでもあります。土日休みはさすがに難しいですが、休み希望がとおりやすいブランドは存在します。

逆に、手取りが20万円を切って、連勤が続いて、土日祝は一年で一度も休めない、なんて言うブラックアパレルブランドも存在します。

玉石混合の待遇を持つ、アパレル業界では、ブラックを避けてホワイトな職場を選び取ることも大切です。

 

口コミサイトを利用したり、転職エージェントを利用するなどして、あらかじめ情報を仕入れた上で転職活動に臨むようにしましょうね。

 

それでは今日はこのあたりで。