読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨が多い街だね-アパレル販売員からの転職者が書くブログ-

元アパレル販売員で今は転職してアパレル業界の中の人をやっている著者がファッションと関係することや関係しないことを書くブログです。

【アパレル転職】転職エージェントで年収が簡単に上がるカラクリ

私はアパレル販売員から未経験の異業種に転職した時に、転職エージェントを利用しました。実際に複数の転職エージェントを利用した中で気付いたことや、今後利用を考えている人のために、おすすめポイントや注意点を書きます。

転職エージェントは、上手く利用すれば絶対にメリットしか無いサービスなので、アパレルで働いてて転職エージェントを利用してみたいけど、いまいちシステムがよく分からなくて不安って言う人は、参考にしてみてください!

 

そもそも転職エージェントってなんぞや?

 

f:id:amemaa:20170412032940j:plain

ここ数年で転職を考える人たちの間で定着した感のある転職エージェントですが、実際に利用者が急増しており、2017年現在では転職者の5人に1人程度が利用しているそうです。この数字を多いと感じるかどうかは人それぞれですが、この記事を読んでいる人の中でも、転職エージェントと言う名前は聞いたことがあっても、実際に利用したことが無いと言う人も多いのではないでしょうか。

 

そもそも転職エージェントとは何かを簡単に言うと、スマホやパソコンから登録する転職支援サービスで、転職者と企業の間に入って、様々なお世話をしてくれると言うものです。

 

一般的なアパレル転職活動と転職エージェントの違い

転職エージェントを利用しない、一般的な転職活動のやり方はこんな感じです。

 

  • 求人募集をしている企業を求人情報サイトやブランドのホームページから探す
  • エントリーの前に受けたい企業の情報を調べる
  • ウェブに必要な情報を記入して、まずWEBエントリーシートを記入する
  • 企業とメールや電話でやり取りして日程調整を行う
  • 履歴書・職務経歴書などの各種資料の準備をする
  • 面接時に給与交渉を行う
  • 以上の一連のサイクルを受ける会社の数だけ行う

  

どれも転職活動を行うのであれば当然と言えば当然のことですが、働きながらこれをやろうと思うと、とにかく大変。毎日朝から晩まで働いて、休日は寝て過ごすという人も多いかと思いますが、体力的にハードなアパレルの場合は、特に辛いです。私もこの手のチマチマした作業が嫌いです 笑

転職エージェントと言うのは、このあたりの作業の大部分をあなたに代わって無料でやってくれるサービスです。なんだそりゃ、楽すぎるだろうと思う方も多いかと思いますが、実際めちゃくちゃ楽でした。

でも、なんでこんなサービスを無料で受けられるの?と、怪しいのではないかと思う人もいるでしょう。そのためには転職エージェントの仕組みをまずは理解しましょう。

 

転職エージェントの仕組みを知ると納得!無料で利用できる理由

 

転職者を企業が取り合う時代

f:id:amemaa:20170304140106j:plain

少子高齢化に伴って、多くの業界・企業で人材難に陥っている状況なのは、ニュースなどで知っている人も多いでしょう。

とりわけ離職率の高いアパレル業界で働いていると身近に感じるかと思いますが、人が足りてるアパレル店舗なんて、そうそうありませんよね?店長や副店長が、シフトを作るのにいつもどれだけ苦労してるか(そして部下たちはその苦労を分かってくれない 笑)。

そんな状況なので、業界を問わず転職市場全体の流れとして、一人の転職者を複数の企業・ブランドが奪い合うような状況なのです。あなたが新卒で就活をしていた時のように、沢山の応募者の中から高い倍率で選ばれる、と言う時代では徐々に無くなっています。

企業からしたら、優秀な人材を競合ブランドに奪われたくないと言う思いがあるため、転職エージェントを通じて、自社にピッタリの人材をマッチングしてもらうわけです。

そう考えると、転職エージェントの仕組みが見えて来ますよね。

 

転職エージェントは転職者からではなく企業から報酬をもらって利益を得ている

f:id:amemaa:20170506040525j:plain

転職エージェントがビジネスの相手としているのは、転職者であるあなたではなく、転職先の企業です。転職エージェントは、企業にとって価値のある人材を紹介することの対価として、転職者の年収の〇〇%を紹介料として受け取る、と言う形で利益を得ています。あとで説明しますが「年収の〇〇%を受け取る」と言うビジネスモデルが、あなたの年収アップのカギになるので、覚えておいてくださいね。

 

では、転職エージェントがあなたと企業のためにやってくれることを更に具体的に見てみましょう。

 

転職エージェントはあなたの希望に合う企業を紹介してくれる

 

f:id:amemaa:20170507024750j:plain

あなたが一人で転職活動をやろうと思うと、どうやって求人情報を調べますか?

リクナビ、マイナビ、DODAなどの求人サイトをチェックするのか、働きたいアパレルブランドのホームページをチェックするのか。この一般的な方法での転職活動を経験したことがある人は、こんなことってありませんか?

 

求人サイトから情報を探すと…めんどくせー!

f:id:amemaa:20170412034304j:plain

求人サイトでちまちまと転職先を探していると、こんな感じの問題が発生しがちです。

  • 週に何回も複数の求人サイトにアクセスしないといけない。
  • 自分の希望に合う求人を発見するまで何ページも見ないといけない。
  • 検索しても全然興味の無い企業ばっかり出てくる(保険の営業どれだけ出てくるんだよ!w)
  • いいの見つけたと思ってクリックしても、超絶ブラック臭がする企業だった。
  • ウェブ職務経歴書を書くのがとにかくめんどくさい。しかもリクナビに書いてマイナビに書いて…って何回も書くとか地獄。
  • そもそも何を書けばいいのかが分からない

 

などなど、とにかくめんどくさい&非効率。私も初めてアパレル転職した時は、このやり方で苦労しました。ちゃんとやろうと思うと相当な時間が持ってかれます。

 

 

転職エージェントにやってもらえばとにかく楽

転職エージェントを利用すると、まずあなたが希望する職種、年収、勤務地、福利厚生、社風などのヒアリングがあります。エージェントさんはそれらを加味した上で、希望に合う企業だけを紹介してくれるため、そもそも条件が合わない企業は最初からシャットアウト。なので、無駄が無くてとにかくスピーディーに転職活動が進みます

しかも、一般には公開されていない非公開の求人も紹介してくれるので、質・量ともに通常の転職活動よりも濃いものになります。

 

転職先企業の情報を悪いところ含めて教えてくれる

f:id:amemaa:20170507024804j:plain

あなたが転職エージェントを利用するとします。その際に転職エージェントの立場から見て好ましくない事態とはどうなることでしょうか?

まず、あなたの転職先がなかなか決まらないと、どこの企業からも紹介料がもらえないので好ましくないですよね。でも、それ以上に最悪の事態があります。それは、せっかくあなたと企業をマッチングして転職を成功させたのに、社風が合わなくてすぐに辞められること。企業から「〇〇の転職エージェントはすぐに辞める人材しか紹介しない」と言う評判になってしまうと、その企業との取引は終了してしまいます。以降、その企業から紹介を依頼されるチャンスが無くなります。つまり、あなた一人の紹介料、と言う目先の儲けよりも、長期的に見た評判と儲けがもっと重要なわけです。

そうなると、転職エージェントはあなたにとっても企業にとっても適切なマッチングをすることに注力します。例えば、「残業は月20時間以内」と言う希望を持っている転職者に対して、60時間以上の残業がある企業が紹介されると言うような、企業を事実以上に良く見せるような紹介はまずあり得ません。

転職エージェントから企業の情報を事前に共有してもらえることで「こんなはずじゃなかった」となる可能性がグっと下がるわけです。

 

 

職務経歴書の添削・面接のアドバイスをしてくれる。面接に同行するエージェントも

 

f:id:amemaa:20170507024818j:plain

 

職務経歴書とか履歴書って書くのが苦手な人って多いんじゃないでしょうか。書いててうわーめんどくせーってなりますよね。自分がやってきたことを簡潔にまとめろと言われても、意外とどう書けばいいのか分からないものです。転職エージェントは、このあたりをヒアリングしながら添削してくれるので、上手い感じの文章が超ラクに出来上がります

面接に関しては、私のときは質問内容と回答を事前に転職エージェントから聞いてるって言うカンニングに近い状態でした。これは、エージェントさんにもよりますが、少なくともぶっつけ本番で挑む通常の転職面接に比べると、遥かに楽です。

あとで紹介しますが、面接に同行して一緒に企業にアピールしてくれる転職エージェントもあるんだから、どれだけ楽に転職できる時代なんだ…と就職氷河期を経験した私は思います 笑

 

 

【最重要】年収アップの交渉を全力で行ってくれる

 

f:id:amemaa:20170507024827j:plain

さっき「覚えておいてください」って書いたことです。

"転職エージェントはあなたが転職に成功した時に、契約した年収の〇〇%を企業から紹介料として受け取る" ってやつです。転職エージェントからしたら、あなたの年収が少しでも高く雇用される方がいいわけで、あなたと転職エージェントの利害が一致してるんですよ。

なので、あなたが現職以上の年収を望めば、そのために全力を尽くしてくれます。そりゃあ年収300万円の人が500万円にしろって言うのはさすがに非現実的ですが、50万~100万円アップなら、充分狙える範囲です。今あなたが勤務しているアパレルブランドで年収を100万円上げようと思ったら何年掛かりますか?転職でキャリアアップに成功したら1ヶ月後には年収が100万円アップしてるかもしれない。って考えると夢が広がりますよね?

 

アパレル転職者が転職エージェントを利用する際のポイント

 

ではここからは実際に転職エージェントを利用するポイントとアパレル転職を考える際におすすめの転職エージェントについて説明します。

 

転職エージェントは複数社を併用した方が絶対にいい

世の中にはたくさんの転職エージェントサービスを行っている企業がありますが、 転職者は複数の転職エージェントサービスを利用することが一般的です。

転職情報サイトのリクナビによると、転職エージェントを利用する転職者の平均利用企業数は、 2.1社。その中でも転職成功者の平均利用数は 4.2社というデータが発表されています。

どうして1社の転職エージェントを利用するだけでは駄目なのか。それは、各転職エージェントによって紹介できる企業の傾向が違うからです。

例えばあなたがアパレルの販売員を今やっているとして、販売員として別のブランドに転職したいと思っているのか、営業やプレスなどアパレルの販売以外の職種に転職したいのか、それとも異業種へ転職したいと思っているのか。また、勤務先の地域によっても、そこに強い転職エージェントと言うのは変わってきます。それらを満遍なくカバーしつつ、転職の成功確率を上げるためには3もしくは4社のサービスに登録するのがベターです。

登録したからと言って、うっとうしいほど連絡が来るってわけでもないですし、万が一、合わないと思えばお断りすればいいだけなので、まずは最初に頑張って登録を済ませちゃいましょう。 

 

転職エージェントには包み隠さずに具体的な希望を伝える 

「残業ゼロのアパレル企業がいい」「年収は50万円アップしたい」「未経験だけどバイヤーがやりたい」「土日のどちらかは休みたい」。そんな、これはちょっと無理かもって言う希望であっても、絶対に伝えましょう。勿論、そのすべてが絶対に叶うわけではありませんが、しっかりと希望を伝えることで、エージェントさんも企業の紹介がしやすくなってコミュニケーションの質が上がり、結果的に精度が上がります。

あなたの中にあるいくつかの希望条件の中で、優先順位付けまでが出来ていれば尚いいですね。例えば「年収アップを希望するけど、最悪ダウンしなければOK。その代わり残業は絶対に月10時間以内で」など、具体的な希望をしっかりと伝えることが大切です。

 

自分のスキルや経歴も包み隠さずに伝える

当然ですが、転職エージェントとの面談の際に自分の経歴にウソを付くのはいけません。店長や副店長の経験が無い人は、役職と言う武器を持たない分アピールポイントに悩みがちです。転職エージェントから企業に対して、自分のどの部分をアピールしてもらおうか…と。しかし、そんなに難しいことではありません。

あなたがこれまでのアパレル経験の中で、何を大切にして来たのかを話すだけでいいのです。例えば、来店したお客様や顧客様に対してどんなサービスを行ったのか、どんな工夫をしたのかなど。

無理に自分を大きく見せてもしょうがありません。転職エージェントも、その後に面接をする企業側も、これまで何人もの転職者を見て来ているわけで、ウソは簡単に見抜いてしまいます。

むしろ、転職エージェントに対して「私の経歴だと、どんなところをアピールしたらいいですか?」と逆に聞いちゃうぐらいでも、相談に乗ってくれますよ。あなた自身でも気づかなかった、あなたの長所をズバリと教えてくれるかもしれません。

 

 

アパレル特化型転職エージェントのおすすめ


【関東限定】全職種を広範囲にカバーするアパレルエージェントの定番ファッショーネ 

   

>>【ファッショーネ】

 

面接同行サービスがあるのがココです!
利用したアパレル特化型の中では、紹介してくれるブランドの質と、エージェントさんのサービスの質が揃って一番良かったです。アパレルに特化してる転職エージェントなだけあって、アパレルで働いてる人間の気持ちが分かってくれて、かつ紹介してくれるブランドもツボを心得ている(全然興味が持てないブランドを持って来られても困るでしょ?)。
紹介可能な職種も、販売員・営業・バイヤー・プレス・MD・VMD・EC・デザイナー・パタンナーなどアパレル関連の職種はほぼすべて網羅。アパレル転職を考えるならマストで登録した方がいい、満足度の高い転職エージェントです。アパレル転職エージェントの中では、ネットでの口コミ評判が最もいいのも頷けます。

ただ、残念なのが紹介可能な職場が関東圏に限られます。その他の地域の方は下記紹介するiDAとDODAを中心に利用しましょう。

 

【全国】アパレル販売員としてキャリアアップするならiDA(アイディアクセス) 

>>【iDA】アパレル業界の求人・転職なら!

 

iDAも同じくアパレル・ファッション業界専門の転職エージェントです。私が利用した印象としては、販売員→販売員の転職に強くて、紹介してくれるブランドの質はファッショーネよりも一段上でした。

販売員として給料を上げようと思うと、ラグジュアリーブランドに転職するのが基本ですが、iDAはラグジュアリーブランド・ハイブランドの求人紹介がとても多いです。ヴィトン、ティファニー、グッチなどの超大手ブランドからメゾンキツネ、ステラマッカートニーなど、ファッショニスタの心をくすぐるブランドまでカバーしています。このコネクションの広さは凄いと思いました!

もちろん、プレス、バイヤー、生産管理などなどの本社勤務の仕事や、デザイナー、パタンナーと言ったクリエイティブも沢山あります。

あとは全国に支店を持っていることで、地方の案件に強く、都市圏以外の人にとっても頼りになる存在になるはずです。関東圏ならファッショーネ。その他の地域はiDAと言うのがいいんじゃないでしょうか。

販売員としてのキャリアアップを今後も目指したい人はどこの地域であっても登録必須

 

全業種対応型転職エージェントのおすすめ


【全国】異業種転職も考えている場合は絶対にDODA

 

>>非公開求人ならDODA

 

私はここからの紹介で転職しました。
私は、アパレル販売員からアパレル企業との取引が多い広告代理店に転職しましたが、それ以外にも異業種の営業職やら、生地メーカーの事務やらと、今までの経験を生かした異業種転職先を沢山紹介してくれました。担当者さんが二人体制で付いてくれる手厚いサービスはDODAだけでした。
アパレル特化ではない分、持っているノウハウやコネクションが幅広く、転職活動の視野がグっと広がります。異業種が視野に入っているなら、ここもマストでの登録をおすすめします。

 

リクルート・マイナビ・リクナビの転職エージェントはかなり微妙だから使わないで

転職業界の最大手となる上記3社ですが、転職エージェントサービスはイマイチでした。とりあえずアパレルの求人案件がかなり少ないのと、私があたった担当者さんがそうだっただけかもですが、大手ならではのやっつけ仕事感がありましたね。特にこの3社の中でどことは書きませんが、担当者がやけに偉そうな態度・相談しても冷たい・こちらからメールしても無視と、まあ役に立たないハズレ担当者でした。クレームの一つでも入れてやろうかと思いましたが、そっと心にしまったものです(ここで書いてるけど  笑)。

転職エージェントって、担当者とどれだけ気が合うかって言うのもかなり大きなポイントで、当たり担当とハズレ担当で転職の成功率もグっと変わってくるので、ちょっと厳しかったですね。


 

まとめ:アパレル転職を考えるなら「転職エージェントを利用しない」って言う選択肢は無い

f:id:amemaa:20170412034331j:plain

 

 

現時点でアパレルで働いていて、業界内・異業種を問わずに転職を考えている人は、よほどのコネがあるとか、すでにヘッドハンティングで声が掛かっているとかでない限りは、転職エージェントを利用した方が絶対にいいです。

転職活動が楽にできて、かつ条件のいい企業に転職できるって言う、こんなに便利なサービスがあるんだから、利用しない理由が無いんじゃないでしょうか。

まだまだ利用していない人もいるサービスなので、賢く利用してしっかりと年収や待遇をアップしましょう。

当ブログは、アパレル業界から広告業界に転職した管理人が、ファッション、音楽、映画、文学、アニメなどサブカル全般について書いています。
気が向いたときにだけ更新してるうちにまとまりの無い雑記ブログになりました